福岡県公立古賀竟成館高等学校

同窓会ホームページ「翔鶴」

  • ホーム
  • 古賀竟成館高等学校紹介
  • 校長あいさつ

校長あいさつ

古賀竟成館高等学校ホームページへようこそ 古賀竟成館高等学校ホームページへようこそ

福岡県公立古賀竟成館高等学校
第14代校長  有田 尚彦 
校長挨拶

古賀竟成館高等学校のホームページへようこそ!
 本校は昭和37年に当時の古賀町、新宮町、福津町、津屋崎町の4ヶ町(現在は二市一町)が高等学校組合を組織し、地域の人材を育成することを目的として、創立された全国に3校しかない、組合立の公立高等学校です。昨年は記念すべき創立55年目を迎え、現在、卒業生は一万有余名となり、地元はもちろん社会の各方面で活躍しています。
  平成21年4月に、新校舎完成に合わせ、「古賀高等学校」から「古賀竟成館高等学校」へ校名改称と学科改編を同時に実施し、各学年普通科3クラスと総合ビジネス科2クラスがあります。普通科に、特進コースとベーシックデザインコースを各クラス設置し、一層の特色化を図っています。
 日常の教育活動の充実によって部活動や学校行事も活性化し、進路面でも実績を上げています。まさに10余年前に蒔いた学校改革の種が、大輪の花を咲かせつつあります。
 
 古賀竟成館高生は日々、青春の若い力と情熱を勉学や部活動、生徒会活動に打ち込み、青春を謳歌して充実した学校生活を送りながら、良き伝統の継承と発展に努めています。教科指導・部活動指導・特別活動等においても、熱気溢れ実力ある先生方が揃っています。
  今年のスローガンは「刻め熱き思い 越えろ自らの限界」としております。
  夢とは、個人的に描く将来の願望でありますが、それを社会貢献に結びつける志へと意識を高めていく必要があります。校名訓である「有志竟成」(志あれば、事ついに成る)のもと、志をもって生きるたくましい精神の育成を行い、自分の夢を実現するために努力を惜しまず挑戦し続ける生徒を育てます。

  また、社会に有為な人材を育成するために、「不易と流行」をバランスよく展開していきます。「不易」としては、人間力の向上を目指しています。心身ともに健全で健康な人間となるためには、基本的な生活習慣や規範意識を備え、社会性を身につけることが必要であり、日々の学級活動とともに、部活動や地域貢献活動を推進し、これらの徹底を図ることで生徒の人格形成を支援していきます。以上を踏まえ、本校では「竟成館五箇条教育」を定めています。

1.日本一挨拶ができる学校
2.日本一美しい学校
3.日本一校歌が歌える学校
4.日本一一人ひとりを大切にする学校
5.日本一時間を守れる学校



  「流行」としては、キャリア教育の推進があります。高等学校は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達及び進路に応じて、高度な普通教育及び専門教育を施すことを目的としています。本校では、学科・コースの特色を生かし、生徒の夢を実現するために、生徒の進路先に応じた学力を身に着つけさせる教育を行います。それと同時に、高い志を持って努力する生徒、向上心を持って何事にも挑戦する生徒の育成を目指し、成長の段階に応じたきめ細かな学習指導・進路指導を行います。

  「挑戦」は決して生徒にだけ望むものではありません。教師自らが、授業改善や教育課題解決の技量を向上させるなど、自己変革に挑戦し続けることによって、真に「師弟同行」の教育活動となります。
  古賀竟成館高等学校がより一層、生徒にとって学びがいのある学校、保護者にとって通わせがいのある学校、地域にとっては応援しがいのある学校、そして、教職員にとっては働きがいのある学校になるよう、日々精進してまいります。  
福岡県公立古賀竟成館高等学校 第14代校長  有田 尚彦