福岡県公立古賀竟成館高等学校

同窓会ホームページ「翔鶴」

学校経営方針

校  訓

 『 自主 』 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。(孔子)

 (優れた人物は協調するが、主体性は失わず、むやみに同調しない。
  つまらない人物はたやすく同調するが、心から親しくはならない。)

 『 友愛 』 世界中の人が幸福になるまで、自分の本当の幸福はない。(ゲーテ)

 (仲間との結束・団結心)

 『 練磨 』 幸福は慰安や平穏な中にはなく、情熱的奮闘の中にある。(ジード)

 (学問、技術を鍛え磨く)

校 名 訓

『 有 志 竟 成 』 志(こころざし)有る者は、事(こと)竟に(ついに)成る

志を曲げることなく堅持していれば、必ず成し遂げられるということ。
一見すると困難のようにみえても、固い信念を以て事に当れば遂には実現されるということ。
竟は音+人から成り、音を奉ずる人の形であるとされ、「おわる」「ついに」という意味を持つ。

                                            出典:「後漢書」

平成30年度教育指導計画

(1)
 教育目標
 竟成館ブランドをつくる!(竟成館五箇条教育)
  ① 竟成館五箇条教育の実践を通して、当たり前のことが当たり前にできる「人間力向上」に力を入れ、
    凛とした生活態度の生徒を育成する。
  ② 生徒の主体性を引き出す授業を通して、将来を生き抜く実践的な知識や技能を修得させる。
  ③ 道徳教育と人権教育を推進し、他者を思いやる心を育てる。
  ④ 部活動、学校行事を通して、体力・忍耐力・礼儀・協調性を身につけさせる。
  ⑤ ボランティア活動及び地域貢献活動に参加することにより、奉仕と勤労精神を育てる。
 
(2)
 平成30年度スローガン
「竟成館十周年 新たなる 飛翔」
 
(3)
 教育指導基本方針
 生徒の「志や夢」実現のために、知・徳・体の調和のとれた教育実践のもと、「生きる力」の育成を目指すとともに、
本校と地域の絆を高め、「地域に根差し地域に愛される学校づくり」を推進する。更に「竟成館五箇条教育」を推進し、
様々な問題解決を図り、ファーストチョイスされる学校づくりを推進する。
  「竟成館五箇条教育」
  ① 日本一「挨拶ができる学校」
  ② 日本一「美しい学校」
  ③ 日本一「校歌が歌える学校」
  ④ 日本一「一人ひとりを大切にする学校」
  ⑤ 日本一「時間を守れる学校」

(4)
 平成30年度教育指導重点実践目標
 ① 人間力の向上(健全で健康な人間になるために)
  ア 竟成館五箇条教育を推進し、基本的な生活習慣が身についた生徒を育成する。
  イ 道徳教育・人権教育を推進し、規範意識が身についた生徒を育成する。
  ウ 部活動の推進(強化指定部活動、ボランティア活動及び地域貢献活動を推進し、
    社会性を身につけた生徒を育成する。
 ② 学力の向上(進路希望を実現し、質の高い社会生活を送るために
  ア 学力の定着を図るために、授業改善(主体的・対話的で深い学び)の研究を
    進めるとともに、習熟度別・少人数授業の活性化に取り組む。
  イ 教育課程の見直し等を通じて、大学入試制度への対応を進め、生徒の進路先に
    応じた基礎的な学力を身につけさせる。
 
(5)
 目指す学校像・生徒像・教師像
  ① 目指す学校像
   ア 高い目標を掲げ、努力を惜しまず活動する中で、逞しく生き抜く力を備えた生徒を育成し、
     生徒の夢(希望する進路)が実現できる学校
   イ 地域と共に生きる学校(地域から愛され信頼される学校づくりを行い、地域社会から信頼され、
     古賀竟成館に行きたい・通わせたい・応援したいと思われる学校づくり)
   ウ 感動と熱意あふれる「師弟同行」の学校
  ② 目指す生徒像
   ア 校名訓「有志竟成」の精神に則り、高い志を持って努力する生徒を育成する。
   イ 創造的な生徒(基礎学力を身につけ、個性豊な生徒)を育成する。
   ウ 信頼される生徒(健やかな体を育成し、向上心旺盛で何事にも積極的に挑戦する生徒)を育成する。
  ③ 目指す教師像
   ア 使命感に溢れ、責任感が強く、教育目標達成のために、努力と研鑽を重ねる教師
   イ 生徒の学校生活の充実と、将来にわたる自己実現を支援する教師
   ウ 率先垂範を旨とし、生徒・保護者をはじめとして、地域社会に信頼される教師
   エ 幅広い識見と高い人権意識をもち、生徒一人ひとりを大切にする教師