福岡県公立古賀竟成館高等学校

同窓会ホームページ「翔鶴」

学校経営方針

校  訓

『 自主 』 
 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。(孔子)

(優れた人物は協調するが、主体性は失わず、むやみに同調しない。
 つまらない人物はたやすく同調するが、心から親しくはならない。)

『 友愛 』 
 世界中の人が幸福になるまで、自分の本当の幸福はない。(ゲーテ)

(仲間との結束・団結心)

『 練磨 』 
 幸福は慰安や平穏な中にはなく、情熱的奮闘の中にある。(ジード)

(学問、技術を鍛え磨く)

校 名 訓

『 有 志 竟 成 』 
 志(こころざし)有る者は、事(こと)竟に(ついに)成る

志を曲げることなく堅持していれば、必ず成し遂げられるということ。
一見すると困難のようにみえても、固い信念を以て事に当れば遂には実現されるということ。
竟は音+人から成り、音を奉ずる人の形であるとされ、「おわる」「ついに」という意味を持つ。

                                            出典:「後漢書」

令和3年度教育指導計画

令和3年度スローガン
「これまでの60年を基盤とし、前例にとらわれず、柔軟な発想と広い視野で新たな価値を創造できる生徒の育成」

令和3年度教育目標
 「竟成館五箇条教育」を推進し、竟成館ブランドを確立するとともに、地域に根ざし地域に愛される学校づくりを推進し、「志や夢」に向かって勇気を持ってチャレンジする生徒の育成。
  「竟成館五箇条教育」
  1 日本一「挨拶ができる学校」
  2 日本一「美しい学校」
  3 日本一「校歌が歌える学校」
  4 日本一「一人ひとりを大切にする学校」
  5 日本一「時間を守れる学校」

令和3年度教育指導基本方針
(1) 校訓「自主 友愛 練磨」を体現し、将来を生き抜く力を修得させる。
  ① 生徒主体の学習活動、学校行事等を推進する。
  ② 教育活動全体を通して道徳教育・人権教育を推進し、他者を思いやる心を育てる。
  ③ 部活動、学校行事等を通して、体力・忍耐力・礼儀・協調性を身に付けさせる。
  ④ ボランティア活動を通して地域に貢献し、奉仕と勤労精神を育てる。
(2) 竟成館五箇条教育を推進し、五箇条に沿う人間力を育成する。
(3) 職員の協働性を高め、課題解決を図るために、組織改革を推進する。
(4) 創立60周年記念式典等の成功に向けて、生徒の気運を高め、自尊心と愛校心を育成する。

令和3年度教育指導重点目標
(1)安全に安心して学ぶことができる質の高い学習環境づくり。
  ① 道徳教育・人権教育を推進しながら、生徒の多様性に配慮して一人ひとりに寄り添った
    教育活動を展開する。
  ② 整備された校内LAN(Wi-Fi)およびICT機器(iPad・プロジェクタ・スクリーン)等の設備を十分に
    活用して、生徒の興味関心を高める魅力ある授業や学校行事を作り上げる。
  ③ いじめ不登校対策委員会や拡大学年会の開催を通して、学校生活や人間関係等に悩みや不安を
    抱える生徒の把握に努めるとともに、全職員で共通理解・共通認識のもとで指導にあたる。
(2)自律的学習者の育成を念頭においた授業改善と教育活動の展開
  ① 自律的学習者を育成するために、一斉講義型の知識偏重授業からの脱却を図り、
    新学習指導要領に基づいた授業改善(主体的・対話的で深い学び)を進める。
  ② 授業改善アンケートや学校満足度調査、学習時間調査等を通じて生徒の実態を的確に把握し、
    指導の改善を積極的に行う。
  ③ 観点別評価を導入することにより、考査重視の評価から脱却を図り、多面的な学習評価を行う。
(3)地域に学び、地域に貢献し、将来地域の担い手となる生徒の獲得と育成。
  ① 志願倍率の維持・向上を図るために、組合内中学校および塾との連携を強化するとともに、
    商業施設やメディアを活用した戦略的な広報活動を展開する。
  ② 古賀市等との連携を通じて、地域の課題に目を向けさせ、ボランティア活動を活性化する。
  ③ 「JR古賀駅西口活性化プロジェクト」を教育活動の中に位置づけ地域との連携協働を図る。
(4)学校全体で生徒の自己実現を支え、3年間を見通した進路指導体系の構築。
  ① 進路指導の充実を図るため、3年間を見通した進路指導体系を構築する。
  ② 小論文指導を充実させ、国公立大学を含めて進路選択の幅を広げられるようにする。
  ③ 学校全体で生徒一人ひとりの希望進路に沿った進路実現を支援する体制を構築する。
(5)生徒自身に自らの在り方・生き方を考えさせる生徒指導の推進。
  ① 生徒が主体となり企画・運営を行う学校行事(鶴翔祭・体育祭)を実施する。
  ② 生徒自身が自らがあるべき服装や行動等の規範意識を自律的に考えて正す態度を育成する。
  ③ 創立60周年を契機に、本校の創立の理念を学び、母校に対する誇りと愛校心を育成する。
    また「竟成館五箇条」に沿った取組を企画立案させ、学校全体で取り組んでいく。
(6)組織改編、行事の見直しによって、職員の働き方改革を推進する。
  ① 校務分掌組織の改編を通して、適所適材配置を行うとともに、業務負担の偏りを軽減するとともに、
    協働的で効率的な組織運営を行う。
  ② 業務の精選・見直し、ICTの活用によって、業務の無駄を省き、必要な業務に重点的に
    取り組むことができるようにする。

目指す学校像・生徒像・教師像
(1) 目指す学校像
  ① 高い目標を掲げ、努力を惜しまず活動する中で、逞しく生き抜く力を備えた生徒を育成し、
    生徒の夢(希望する進路)が実現できる学校
  ② 地域と共に生きる学校(地域から愛され信頼される学校づくりを行い、地域社会から信頼され、
    竟成館に行きたい・通わせたい・応援したいと思われる学校づくり)
  ③ 感動と熱意溢れる「師弟同行」の学校
(2) 目指す生徒像
  ① 校名訓「有志竟成」の精神に則り、高い志を持って努力する生徒
  ② 創造的な生徒(基礎学力を身につけ、個性豊かで創造的な生徒)
  ③ 信頼される生徒(規律やマナーを身につけ、自他を尊重し、責任感のある生徒)
  ④ 挑戦する生徒(健やかな体を育成し、向上心旺盛で何事にも積極的に挑戦する生徒)
(3) 目指す教師像
   ① 使命感に溢れ、責任感が強く、教育目標達成のために、努力と研鑽を重ねる教師
   ② 生徒の学校生活の充実と、将来にわたる自己実現を支援する教師
   ③ 率先垂範を旨とし、生徒・保護者をはじめとして、地域社会に信頼される教師
   ④ 幅広い識見と高い人権意識をもち、生徒一人ひとりを大切にする教師